キャッシングの基本とレディースキャッシング

キャッシングというのは、基本的には有職者で安定した収入があれば申込みは可能となっています。ここでいう有職者ですが、会社や各種法人に勤務している被用者、形式的には無職であるものの何らかの収入を継続的に得ている人となります。何らかの収入を得ている人であれば、多くの場合有職者として扱われ申込むことが可能でしょう。

基本的に有職者であれば、貸金業法の適用を受けている消費者金融業者に対して、利息制限法が適用される利息を付けて金銭を借り入れすることが出来ます。

女性や主婦であっても申し込みは可能となっています。とある地方銀行では、安定した収入が在る主婦等であれば即日融資が可能とされています。申し込みをする場合、収入証明書は必要でしょうし、当該書類は基本的に持参した方が円滑に手続きされる事になっています。

大手消費者金融では、女性専用のレディースローンというものもあります。レディースローンのサイトデザインですが、女性らしさが感じられるピンク色(淡いピンク色となっている事が多いです)に設定されています。女性が親しみ易いサイトとなっており、非常に見易い文字デザインとなっています。女性の方で条件に当てはまるようなら、キャッシング利用の際に一度考えてみてはいかがでしょうか。

地方銀行カードローン:福岡銀行カードローン

無利息サービスの利用に注意しよう

最近のキャッシング会社の多くは、無利息サービスを提供しています。これを利用することによって一切利息を負担せずにお金の借り入れをすることも可能です。利用者にとっては非常に魅力的なサービスです。

しかし、無利息サービスの内容をきちんと把握しておかないとトラブルに発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。キャッシング会社における無利息サービスは、無期限ではありません。各社のサービス内容には違いがありますが、概ね借り入れから7日から30日程度の期間限定のサービスとなっています。この間の借入に関しては利息が掛かりませんが、無利息サービス期間が終わると通常の利息が発生するのです。

発生する利息負担額は借入金額や年率によって異なります。借入金額が少なくても、年率が高ければ発生する利息も大きくなってしまうかもしれません。無利息サービスという言葉に飛びついてサービス内容をきちんと確認せずに借り入れをしてしまうと、無利息期間後に想定外の利息を負担しなければならなくなってしまうのです。

利息分を考慮せず、きちんと返済計画を立てずにキャッシングを利用してしまった場合、返済日に返済資金を用意できずに延滞してしまう可能性も出て来ます。キャッシングにおける返済遅延は信用情報に残ってしまう恐れもあり、今後の金融商品利用時のトラブルへと発展しかねません。無利息サービスが提供されているキャッシング商品を利用する際は、きちんとサービス内容を確認して十分な返済計画を立てて安全な利用を心掛けましょう。

土日祝日の深夜でも即日キャッシングしたい!

最近ではほとんどの消費者金融で即日キャッシングが可能となっています。ただそれは、平日の日中という条件があります。

土日祝日、しかも深夜に即日キャッシングをしたいという場合には注意が必要です。土日祝日の深夜に即日キャッシングをしたい場合は、まず業者選びを慎重に行いましょう。

まず、深夜といっても21時~22時までの間であれば、郊外に自動契約機のある消費者金融を選んでください。大手の消費者金融であれば、殆ど全国に自動契約機が設置されているはずです。この自動契約で21~22時までに手続きをすれば、土日でもカードを発行する事が出来ます。カードを入手すれば、それを使って24時間営業のコンビニのATMから深夜何時でもお金を引き出す事が可能となります。

しかし、問題は22時を過ぎている場合です。この場合殆どの自動契約機は営業時間外となります。中には24時間営業している自動契約機もあるのですが、ここで注意をしたいのが申し込みは出来ても審査は深夜に行われないという点です。これは、24時間申し込みが可能なWeb申し込みも同様です。申し込みが24時間可能でも審査が24時間可能な消費者金融は通常存在しません。

そのため土日の深夜でも即日キャッシングをするには、申し込みはどんなに遅くても21~22時の間に済ませておく事が必要になるのです。これが土日祝日の深夜でも即日キャッシングをするコツとなります。

また、消費者金融の指定する特定の銀行口座を開設していれば、カードを受け取らず振り込みによるキャッシングも可能です。ただこの場合も、申し込みは21~22時までの間に済ませておく事が必須となるので注意しましょう。

属性の高さは重要な審査要素

どんなキャッシングにもお金借りる時には、申込みのあと審査が待っています。それに通ってこそ、実際に借り入れができるような仕組みになっているのです。何しろ金融機関も商売ですので、ちゃんと返済してくれそうな人にしかお金は貸さないのです。

そんなキャッシングの審査は、申込者の属性の高さで決まります。属性とは、その人の個人情報の中で社会的信用力と経済力に関係している情報のことです。たとえば年収や勤務先の企業規模、勤続年数や住居年数、それに借金の件数や総額などの情報のことです。

一つ具体例を挙げると、年収1000万円の大企業の部長と年収200万円のアルバイト暮らしの人とを比べると、キャッシング審査においては部長のほうが間違いなく属性は高いと判断されます。ということは、部長のほうが審査に通る可能性は高いということになります。

しかし、属性においては過去の金融事故や金融機関とのトラブルの情報には要注意です。もしも金融事故の経験者なら、ブラックリストから名前が消えない限りはキャッシングに申し込んでも受け付けてもらえません。同様に過去に特定の金融機関と何かトラブルを起こした人は、その金融機関のキャッシングに申し込んでも審査には通らないと考えられます。とにかく事故やトラブルだけは起こさないようにしましょう。

キャッシングを他人にバレてしまうケースと対応策

生活をしているのお金が必要なる事が多いです。お金を借りるのに便利なキャッシングですが内緒で借りたいと思うこともあります。家族や他人にキャッシングをバレてしまうケースは3つあります。

1つ目は、本人確認の電話です。自宅へ本人確認の電話などで、本人が電話に出る事が出来ない場合にバレてしまう可能性があります。
2つ目は、利用明細書です。キャッシングの利用明細書を偶然に家族に発見させるケースもあります。
3つ目は、郵送物としてキャッシングカードが自宅に届き、本人以外の者が受け取ってしまうケースです。開封される事が無くても社名入りの封筒ですぐ分かってしまいます。

バレないでキャッシングする事が必要ですが方法はいくつかあります。インターネットで申し込む事で、家族などには見つからず申し込みが可能です。時間がなくても24時間いつでも審査を受け付けている会社もあるので深夜などでも安心して利用できます。

本人確認の連絡先は自分の携帯番号にする事も必要です。自宅の番号を登録すると自分以外の者が電話に出てしまう可能性があるので、バレない為にも自分の携帯番号を登録する事が肝要です。キャッシングした時に利用明細書を見る事は必要ですが、最近ではインターネットで利用明細書を確認できる会社が増えています。家族や他人に見られないように工夫する事が良いです。キャッシングを家族や他人にバレないようにする事は、自分の意識を高める事で容易に防ぐ事が出来ます。