属性の高さは重要な審査要素

どんなキャッシングにもお金を借りる時には、申込みのあと審査が待っています。それに通ってこそ、実際に借り入れができるような仕組みになっているのです。何しろ金融機関も商売ですので、ちゃんと返済してくれそうな人にしかお金は貸さないのです。

s02

そんなキャッシングの審査は、申込者の属性の高さで決まります。属性とは、その人の個人情報の中で社会的信用力と経済力に関係している情報のことです。たとえば年収や勤務先の企業規模、勤続年数や住居年数、それに借金の件数や総額などの情報のことです。

一つ具体例を挙げると、年収1000万円の大企業の部長と年収200万円のアルバイト暮らしの人とを比べると、キャッシング審査においては部長のほうが間違いなく属性は高いと判断されます。ということは、部長のほうが審査に通る可能性は高いということになります。

しかし、属性においては過去の金融事故や金融機関とのトラブルの情報には要注意です。もしも金融事故の経験者なら、ブラックリストから名前が消えない限りはキャッシングに申し込んでも受け付けてもらえません。同様に過去に特定の金融機関と何かトラブルを起こした人は、その金融機関のキャッシングに申し込んでも審査には通らないと考えられます。とにかく事故やトラブルだけは起こさないようにしましょう。