月別アーカイブ: 2017年4月

関わってはいけない業者の見分け方とは?

キャッシングは大手消費者金融や銀行からだけでなく、中小の消費者金融からも行うことができますが、そのような比較的規模の小さい業者は一見では怪しげな業者との区別が難しい場合も少なくありません。

消費者金融は全国に約2000社も存在しますが、そのうち大手と呼ばれるのは数社だけで、大半はそのような小さな業者です。本当に小さい業者になると、貸しビルの1室だけで営業していることも多く、見掛けだけでは正規の金融業者かどうかが分からないことがあります。

kakunin

そこで、そのような小さい業者を利用する場合には、入り口から見えるところに金融業者としての登録番号があるかどうかを必ず確認しましょう。この登録番号は正規の金融業者には必ずあるもので、「○○財務局長(△)第□□□号」のような形式です。正規の業者であれば、必ずこれを見えるところに掲示しています。また、チラシやホームページにも必ずこの番号を掲載するように指示されています。

実店舗には行かず、ネットや電話で利用を考えている場合には、電話番号を確認してください。正規の業者には固定電話を表示することが義務付けられているので、携帯電話の番号しか載せていない場合はまず怪しげな業者だと言っていいでしょう。また、この電話番号の表示がなく、メールアドレスだけの業者は問題外です。

キャッシングに小さな金融業者を利用する場合には、この2点に気を付けてください。ホームページに登録番号や電話番号がきちんと載っているかどうかだけでも、怪しげな業者とそうではない業者の区別は簡単に行うことができます。

キャッシングでやってはいけない事をチェック!

キャッシングの申し込みの際にいくつも同時にキャッシング会社へ申し込み手続きするのは多重申し込みになり、審査の時点で個人信用情報の確認時に発覚するため、避けるべきです。また、申し込みの時点で虚偽の情報を記入するとバレます。キャッシング申し込み時に他社の借り入れがある場合、借入金額を記載する必要がありますが、偽った金額を書くのも避けるべきです。きちんと正しい情報を提供することで審査も早くなりますし、キャッシングの審査に通る確率が高くなります。

s06

キャッシングを複数社で利用している場合にやってはいけないことは、また借りです。T社に借入があり、B社から借入して返済分にあてるなど、また借りを続けていると金利がどんどん膨らんでいき、返済するのが苦しくなり金銭感覚が乱れてくるため、きちんと1社から借入した分は返済し終えてからキャッシングを利用するなど、計画的に借入と返済を行うことが重要になります。お金が不足した分は、すぐ融資をキャッシングにて受けることができるのは便利ですが、金銭感覚のズレが生じるため、キャッシングを利用する場合には自分でルールを決めてから利用することが大切になります。

また、キャッシングはコンビニATMなどから利用できたり便利なので、ギャンブルでキャッシングする方もいますが、それはやってはいけない事です。ギャンブルはのめり込んでいきますし、限度がないためキャッシングをギャンブルで活用すると自分の首を絞めることになります。十分に気を付けましょう。

おすすめ情報
お金を借りる時の参考に:今すぐお金借りたい
キャッシングに失敗しない為の方法が参考になります。即日融資を利用しようと思っているような緊急時でも、焦らず一度冷静になりましょう。
キャッシングを知る!:キャッシングを学ぶ
キャッシングを学ぶのコーナーがわかりやすい。キャッシングについてのみんなの疑問やキャッシングのお役立ちコラムなど参考になるものが多いです。